【Chronicon】システム解説:Rune【攻略TIPS】

Chronicon

ハクスラRPG「Chronicon」のシステム解説シリーズ、今回はRune(ルーン)です。

このシステムは「Transmutation」や「Enchant」といった、Act途中から利用できるシステムとは違い、絶対的にAct終了後でしか手を出せない「エンドゲームコンテンツ用のシステム」と言えるでしょう。

しかしその分、非常に強力なパワーを秘めているのは確かです。

ぜひともある程度Farmできるようになったら利用して欲しいシステムと言えるRuneを今回は解説します。

Runeとは?

Runeとは、装備品に一定のユニークな能力値を与えるものです。

Gemと似たようなものではないのか?」と思われるかもしれませんが、Gemは一定のステータス(クラス特有のものも含む)を与えるのが主なのに対し、Runeはユニークな装備の効果を現在の装備に与えるものです。

また別の方向性の強化である、と思っていただければOKかと。

Runeでできること

Runeでできることは、「Legendary・またはTrune Legendaryの効果を他の装備に与える」です。

もうこれだけで強そうな要素がビンビンしてますよね!してませんか!?

「この効果気に入ってるけど、装備的には他のやつがいいんだよな~」ってことがある場合、気に入った効果を他のやつにつけることでいいとこ取り!できちゃうわけですね。

なお、Runeとして抽出できるのは「装備品の濃いオレンジテキスト部分のみ」です。

例えばこの「Gaia」というTrue Legendary弓の場合、

For each active companion,Damage is increased by 6%」の効果がRuneとして他の武器に付与できます。

その下の「+13% Companion Damage」もオレンジ色っぽいテキストではありますが、これは濃いオレンジテキストには該当しないため、Runeとして抽出することはできません。

レア度「Legendary」の装備では、この濃いオレンジテキストがあるものとないものがありますが、Runeとして能力を抽出できるのは前者のみです。

Greater RuneとLesser Rune

Runeの知識として絶対に知っておきたいポイントは、「Greater Rune」と「Lesser Rune」の2種類のRuneがあることです。

これはどのRuneを装備品につけるか考える上で非常に重要なので、しっかり理解しておかなければなりません。…が、別に難しい話ではないので、ご安心ください。

Greater Runeとは

Greater Runeとは、レア度「True Legendary」の装備品から抽出したRuneのことです。

先程例で出しました「Gaia」をRune化すると、Greater Runeになります。

Greater Runeはやはりユニークで強力な効果を持っていますが、残念ながら装備品全8ヶ所のうち最大で3ヶ所までしか装着することができません。

いくら強いからといって、全身Greater Runeで染めることはできず、8ヶ所のうち3ヶ所のGreater Runeをどれにするか…これがまた楽しい悩みどころとなるわけです。

Lesser Runeとは

Lesser Runeとは、レア度「Legendary」の装備品から抽出したもの、あるいはAnomaly「Dungeon Anomaly」のクリア報酬にて得るRuneのことです。

Runeの入手方法は後述するとしまして、Greater Runeに該当しないもの=Lesser Runeと考えていただいて問題ありません。

Lesser Runeについては装着の上限はなく、基本的にはGreater Rune3ヶ所、残り5ヶ所にLesser Runeを装着するかたちで落ち着くことになるかと思います。

もちろん、装備全部にLesser Runeを装着することは全く問題ありません。

Runeの入手方法

Runeの入手方法は「該当する装備品をRune化する」「Anomaly報酬で手に入れる」の2つです。

具体的にどうRune化するのか、どのような内容のものが手に入るのか…など、もう少し詳しく解説します。

装備品をRune化する

1つ目は「この効果が欲しいな~」と思ったLegendary、またはTrue Legendaryをシステム「Transmutation」にてRune化して手に入れる方法です。

例えばこのLegendary Ring、「Kingsrock」をRune化してみましょう。

「Transmutation」にて、Champion’s Crownと、Runestoneを一緒にいれて、ぽちっとな。

すると、このようにLesser Runeができあがります。当然ですが、素材となったKingsrockは消滅します。

青文字はEnchantによる増加値の振れ幅および最高数字です

Transmutationについてはシステム解説の記事を見ていただくとして、簡単にRuneが作れることは伝わったかなと思います。

Runestoneは「Elite Dungeon Anomaly」で

Runeを作成する際に使用する素材「Runestone」はクリア後コンテンツ「Elite Dungeon Anomaly」のクリア報酬で手に入れられます。

Eliteとついてはいますが、特別敵が強い(難しい)わけではないので、さっくりクリアできるかと思います。

Anomalyで手に入れる

Lesser Runeには、装備品からRune化するだけではなく、Diablo3のRiftのようなシステム「Anomaly」のうち、「Dungeon Anomaly」の報酬でしか手に入れられないものがあります

こちらの先人のガイドが非常に参考になるのですが

Steam Community :: Guide :: Runes and You
Guide to Runes, from acquisition to usage. Includes a list of all runes....

このガイドに記載されている「Shared Dropped Runes」と、各クラスのSpecificのうち「Dropped Rune」に分類されているRuneの入手方法は「Dungeon Anomaly」のクリア報酬のみで、装備品の抽出では手に入りません(そのModの装備品が存在しないとも言う)。

Lesserと言えども侮れず、面白い効果を持つものも多いため、場合によってはLesser Runeを求めてひたすらAnomalyをさまよう可能性も秘めています。ハクスラっぽいですね!

Runeの装着方法

Runeの装着方法についてもご紹介しておきます。

とはいってもお話はとっても単純で、Runeを作った時と同じように「Transmutation」で行うだけです。

ぽちっとなすると、このようにしっかりとKingsrockの効果が付与されていることがわかります!

LRは「Lesser Rune」の略ですね

Runeは対応した部位にしか着けられないので注意

Runeを装着する際に注意しておきたいのは、「Runeは同じ部位のものしか着けられない」ことです。

例えば先程例としてRune化した「Kingsrock」はRingでしたので、そのRuneはRingにしか装着できず、HelmやBootsにはつけられません。

改めて画像を見ますと「following item types:Ring」と記載されていますね。

Lesser Runeに悩んでるわ~ってプレイログを書きましたが、Runeの部位が固定されているからこそ悩む(のが楽しい!)ところもめちゃくちゃあります。

ある程度Farmが安定したら考え始めてもOKなシステム

個人的には、Runeに手を出すのはある程度Farmが安定してから(=装備が揃ってから)でいいかな、と思っています。

装備が揃う頃にはある程度LegendaryやTrue Legendaryも集まってきて、その中で「これが強いかな?」とか「これは自分のビルドに合いそう」と思えるアイテムも出てくるし、なんとなくわかってくるんじゃないかなと。

まずはGemやEnchantで足場をかためて、それからでもいいかなとも思います。

もちろん、強い効果を求めてさっさとRune化してしまうのもアリですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました