カワイイキャラと色使い、そして心にくるストーリー「1bit Heart」【おすすめSteamゲーム】

おすすめSteamゲーム:1bitHeartおすすめSteamゲーム

今回ご紹介するのはアドベンチャーゲーム「1bit Heart」です。

イラストレーター・漫画家・キャラクターデザイナー・ボカロ動画…などなど多方面で活躍されているクリエイターの△○□×(みわしいば)さんの作品。

もともとはフリーゲームとして配布されていたものが、一部シナリオなどを追加してSteam用に販売されたもの。

1bitHeart
1bitHeartHP

とてもカワイイキャラたちと色使い、そしてちょっと切ないストーリーがとてもぐっとくる作品なので、ぜひ遊んでいただきたい!というわけで、ダイマしていくぞ~!!

簡単なあらすじ

時代は近未来。世界に住む人達はすべて「ビットフォン」という端末を身につけることを義務付けられ、さらにコンピューターが管理制御するシステムによって統治されていた。

そんな中、プログラミングの才能がある、ちょっと不思議な能力を持つ引きこもり歴4ヶ月の少年「ナナシ」が、突然自分の部屋のベッドで寝ていた記憶喪失の少女「ミサネ」と出会う。

自分を過度に卑下し、「ゴミ」とまでいうナナシ。そんな彼を見かねたのか、ミサネはナナシに「友達を作りましょう」というお願いをするが…?

「1bit Heart」ってどんなゲーム?

「1bit Heart」は、簡単に言えば「アドベンチャー+推理ゲーム」。

アドベンチャーモードでは気になる人たちと話し、情報(キーワード)を集めていきます。
推理パートでは会話をしながら推理。集めたキーワードを突きつけたりすることで相手とコミュニケーションを取り、最終的に友達になってもらおう!みたいな感じ。

推理部分もめっちゃ難しい!ということはなく、推理ゲームが苦手な人でもヒントありのモードがゲーム開始時に選択できるので安心。

基本は第1章~第4章まであり、それぞれ章をクリアすると、その時に出てきたキャラクターと友情を育むことができます(一部育めないキャラクターもいます)。

また、この作品はマルチエンディング方式。一定の条件で変わるので周回の楽しみもあります(セーブタイミングで周回不要でもいけるかと思いますが)。

キャラクターと色使いがとても「カワイイ」

このゲームの大きな魅力が、△○□✕さんが描かれたキャラクターやドットの可愛さ。そして色使いでしょう。

それぞれの章(チャプター)のはじめや、イベントシーンには可愛く鮮やかなイラストが差し込まれます。

この色使い、たまりません…!!

もちろんゲーム画面も可愛いが溢れています。

これは主人公・ナナシの部屋。

このようにポップでカラフルな背景にピッタリの、キュートなミニキャラを動かしてアドベンチャーモードを進めます。

会話画面はこんな感じ。立ち絵がこれまた可愛いし、ボイスもあります!
右側の素敵なお兄さんは、ナナシの従兄弟「ミカド」。

キャラクターごとにイメージカラーが決まっていて、立ち絵はそのカラーが効果的に使われています。これがまたおしゃれなんです。

これはヒロイン、ミサネちゃん(左)とナナシが家の外に出たところ。ポップな色使いが近未来的でワクワクさせます。

カワイイだけじゃなくて、音楽もとてもいい!

そして、カワイイだけじゃなくて音楽もとてもいいんです。

私は音楽の細かいジャンルで的確に言えるタイプではないのですが…ペルソナ3以降の音楽が好きな方はすっと馴染めるのではないかと。
ちょっとテクノなポップチューンとでもいいますか。

ちなみに、Steamではサントラも販売されています。音楽が気に入った!という方はそちらの購入も検討してみてはいかがでしょうか。

ゲーム中、ナナシたちは街の様々なエリアに足を運ぶことになるのですが、エリアごとに雰囲気や音楽もがらっと違い、ただ歩いているだけでも楽しめます。ミニキャラもカワイイしね。

ドット絵も、ストーリーもいい。

ステータス画面のドット絵も、背景もめちゃくちゃカワイイんです。

絵ばっかりカワイイといっているので、お話はイマイチなのでは…?と思われる方もいるかもしれません。が!そんなことはない!と断言しておきます。

自分をゴミだと思っているナナシが、いろんな人達と触れ合って、自分を認め、自分の価値を見出していくストーリーは泣けるものがあります。

今はSNSなどで自分の価値を判断する基準が数字として見えやすくなっています。
もちろん数字がその人の価値を決めるわけではありませんが「私はフォロワーがこれだけしかいないからダメ」「わたしの写真にはいいねが少ない」など、自分の価値を数字にゆだねてしまう人も多いのではないでしょうか。

そんな、今ちょっぴり自信をなくしてしまった…そんな方にはより染みる、素敵なストーリーになっています。

休日にさらっとやるのにもオススメ

お話自体はそんなに長くはありません。
長過ぎるとダレてしまい、そのうちやらなくなる…なんてこともありますが、「1bit Heart」は「いいタイミングでプレイを中断できて、かつ丁度いい長さ」という感じ。

なので、休日にさらっとプレイするのにもオススメな一作となっています。

参考になるかはわかりませんが、私のプレイ時間と実績開放状況を。

ED分岐で開放できてない実績はあるものの、7時間で結構取れるくらいなので、ライトなゲームだと言えるのではないでしょうか。

気に入ったら、他の作品も!

この作品も大好きですが、個人的には「LiEat」もめちゃくちゃオススメだったりします。

△○□✕さんの作品はどれもこれも私にとってツボなので、ぜひ「1bit Heart」が気に入ったよ!という方は他のゲームもプレイしていただけたら…と思います!

PLAYISMさんがセールしている時にはたいていセールになっていますので、そのタイミングでもよいかと!

△○□✕さんのSTEAM作品一覧

△○□✕さんは初音ミクシンフォニー2019のパンフレットイラストも描かれています

コメント

タイトルとURLをコピーしました